バンガローとロッジとコテージの違いとメリットデメリットは?持ち物と料金相場の違い

キャンプで泊まるといえば、テントを想像する方も多いと思われます。

 

最近はテントではなく、バンガローやロッジ、そしてコテージなどを利用する人も増えているようです。

 

今回はバンガロー・ロッジ・コテージについての違いや、

メリット・デメリット、持っていく道具、そして気になる料金についても解説します。

 

 

スポンサーリンク

バンガロー・ロッジ・コテージの違い

 

バンガロー

 

  • 板の間の小屋
  • 設備はなにもないことが多い

 

キャンプ場によっては、冷蔵庫やエアコンが付いてます。

 

 

ロッジ

 

  • 木造の建物(ログハウス)が多い
  • トイレ・キッチン・冷蔵庫・ベッドが設置されている

 

お風呂が付いているキャンプ場もあります。

 

 

コテージ

 

  • 分かりやすく言うと貸別荘
  • トイレ・お風呂・キッチン・ベッドが完備
  • 調理器具・炊飯器やポット・食器なども揃っている

 

 

 

スポンサーリンク

メリット・デメリット

 

バンガロー

 

メリット

  • テントを組み立てなくてもいい
  • テントがないので雨や強風などを心配しなくてもいい

 

デメリット

  • 床が板の間なので、春秋キャンプは冷え込みを強く感じる
  • 設備がなにもないので、テントを使うキャンプとあまり変わらない
  • 窓に網戸がないと虫が入ってくるので、虫除け対策は必須

 

 

ロッジ

 

メリット

  • トイレがロッジの中にあるので自由に使える
  • キッチンでお湯が出ると、洗い物が楽チン
  • ベッドがあるので寝袋やマットを広げなくてもいい
  • コンセントがあるので、家からドライヤーなどが持ち込める
  • 冷蔵庫があるので現地で食材を調達しても、すぐに冷やせる

 

 

デメリット

  • ベッドはシーツ代など、管理費とは別に支払うキャンプ場が多い
  • キャンプ場によっては、建物周辺での焚き火の使用が制限される
  • 部屋が広いので、暖房や冷房が効くまで時間がかかる

 

 

コテージ

 

メリット

  • 荷物が大幅に減る
  • お風呂が付いているので、外の入浴施設に行かなくてもいい
  • 家族が自由にトイレを使える
  • ガスコンロがあるので調理の幅が広がる
  • ポットを利用すれば、温かいお茶がすぐに飲める

 

デメリット

  • お風呂が小さいと子どもと一緒に入りにくい
  • 備え付けの食器や調理器具を使うのに抵抗がある
  • 料金が高い

 

スポンサーリンク

荷物について

バンガロー・ロッジ・コテージについて、持っていく荷物を表にまとめました。

バンガロー ロッジ コテージ
テント × × ×
タープ ×
寝袋 × ×
テーブル・イス ×
バーベキューグリル
調理器具 ×
食器 ×

 

コテージになると、持っていく荷物が減ります。

自分の身の回りのものと、そして食材だけ持っていけば大丈夫ですね。

(例として挙げているので、キャンプ場での設備については、よく確認をして下さい)

 

スポンサーリンク

料金について

 

料金にについて(1日の利用料金の目安)

バンガロー:4000円~8000円

 

ロッジ:10000円~20000円

 

コテージ:15000円~30000円

 

キャンプ場によっては、宿泊費の他に、管理費・暖房費・シーツ代などがかかる場合があるので、予約時に確認をして下さいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで読んで下さり、ありがとうございます。

キャンプといえばテントを張ることも醍醐味であると思います。

 

初めてキャンプをされるご家庭にとって楽しくなればと思い、今回はテントを利用せずにキャンプができるバンガロー・ロッジ・コテージのご紹介をいたしました。

 

ロッジやココテージでは、テントやタープを組み立てる時間がなくなるので、お子さんたちと遊べる時間が増えるのも魅力のひとつです。

 

キャンプは色々な楽しみ方があります。

ご家庭に合うキャンプスタイルを見つけて、楽しい時間を過ごして頂けたらと思います。

未分類
スポンサーリンク
LuLu Time

コメント