ファミリーキャンプで使える焚き火台の選び方を紹介します

キャンプでは薪や炭に火をつけて、暖をとったり調理したりします。

 

最近のキャンプ場では直火を禁止しているところが多く、専用の焚き火台やバーベキューグリルなどが必要となります。
各メーカーから焚き火台はいろいろな形のものを販売しているので、選ぶのに迷ってしまいます。

 

では、焚き火台はどうやって選ぶのか。その基準は?

 

と思っていらっしゃる方にも分かりやすくご紹介できればと思います。

スポンサーリンク

焚き火台について

火を付けて燃やし続けるには、木を切って乾燥させた薪や、木を蒸し焼きにして炭にした木炭を使います。

その薪や木炭を燃やすためのものが焚き火台です。地面に火が直接付かないよう焚き火台に足が付いている設計になっています。

 

薪をずっと燃やし続けるので材質は鉄やステンレスなどがあり、焚き火台使用時の高さは30~40センチくらいが多いようです。

 

持ち運びやすさを考えてコンパクトに折りたためる焚き火台も増えてきました。
焚き火台の材質や特徴によっては運ぶのに重い焚き火台もあれば、使い方を絞り込むことにより軽くてコンパクトな焚き火台もあります。

 

スポンサーリンク

焚き火台を選ぶポイント

焚き火台を使う目的によって選び方が変わります。
その他、焚き火台の大きさや重さといったポイントを押さえることによって、選ぶ焚き火台の候補を絞ることができます。

スポンサーリンク

焚き火台を使う目的

・焚き火と調理を両方してみたい場合

暖をとる以外に焚き火台で調理もしたいのなら、バーベキューに必要な網やダッチオーブンを乗せたりする五徳がセットになっている焚き火台がオススメです。

特にダッチオーブンは重いので、焚き火台の足はしっかりしてて安定感があるかどうかも選ぶポイントのひとつです。

 

また、焚き火台は使用時の高さが30~40センチほどです。

焚き火台を真ん中に置いて家族が囲むような食事スタイルなら椅子はロータイプがいいかと思います。
高さのある椅子だと焚き火台が下になってしまうので前かがみになり食事がしづらい感じになります。

 

各メーカーでは焚き火台専用の囲炉裏型テーブルというのが売られています。
見た目も囲炉裏を思わせるようなデザインで、焚き火台を囲むようにして設置するテーブルです。飲み物やお皿、調理したい食材を置くことができて便利です。

 

また、囲炉裏型テーブルは焚き火台から遠ざけてくれる役目もあり、小さなお子さんいるご家庭にはケガ防止のメリットがあります。

・焚き火だけの場合

炎の揺らぎを見つめたり火がはぜる音は癒し効果があるそうです。

そんな癒しの空間で家族と焚き火をしたい。焚き火では調理をしないと考えているのなら、逆三角形型の焚き火台や、薪を燃やす土台がメッシュシートになっている焚き火台もシンプルでいいかと思います。

特にメッシュシートタイプは軽量で収納するととてもコンパクトになります。

 

焚き火台を使う目的が焚き火のみとした場合、バーベキューをする時などはバーベキューグリルが必要になります。

バーベキューグリルとは、食材を焼くための焼き台です。炭を入れて火をおこし、上に網を置いて肉や野菜などを焼くことができます。

焚き火台とバーベキューグリルを同時に使いたい場合、設置する場所に注意が必要です。火を扱うので舞い上がった火の粉がテントに付く可能性があります。自分のテントに焦げて穴が開いたり、お隣の区画のテントにも火の粉で焦がしたとなると大変です。

場所が狭い場合はバーベキューが終わったら焚き火台に火を付けたほうが何かと安全です。(バーベキューグリルに残った炭を着火剤代わりにして焚き火台の中に入れます。そうすることで薪にすぐ火が付きます)

 

スポンサーリンク

焚き火台の大きさや重さ

・焚き火台の大きさ

焚き火台を使用する人数によって大きさが変わっていきます。焚き火台でバーベキューをする時は炭に火を入れます。炭の使用量は1人(もしくは1時間)で1キロと言われています

 

炭がある程度入り、食材を焼く網も小さすぎない焚き火台がいいかと思います。また、焚き火台によってはサイズ(S・M・L)があったりしますので、ファミリーキャンプならMかLになります。

 

あとは焚き火台で燃やす薪の長さです。
キャンプ場などで売られている薪は約40センチの長さです。
小さな焚き火台だと薪がはみ出してしまいます。

焚き火の最中に、はみ出した薪が地面へ落下すると思わぬ怪我や火災の原因にもなります。薪が入るくらいの焚き火台であるか確認すると安心です。

 

ちなみに薪の使用量は1晩1束が目安です。

・焚き火台の重さ

最近の焚き火台は収納するとコンパクトなものが増えてきました。しかし、焚き火台の重さはメーカーによってかなり異なり、重いものだと10キロほどの焚き火台もあります。

 

キャンプへは車で行くから大丈夫!と思っていても、キャンプ場内で駐車場と焚き火をする場所まで距離があると運ぶのも大変です。持ち運びすることも視野に入れておくといいかもしれません。

 

我が家の焚き火台は、焚き火をするためだけに使用するので、逆三角形型の焚き火台を使用しています。

持ち運びを考えると、ある程度は軽いほうが良かったため、ノンブランドの焚き火台を通販で購入しました。

 

素材:一応ステンレス(メッキだと思います)
重さ:3キロほど
大きさ:42センチ四方(広げた時)
値段:4000円弱
付属品:収納カバー付き

 

今のところ10回以上は使っていますが、熱によるヘコミもなく、薪は買ったものをそのまま入れて燃やしています。

わりとポイポイと薪を入れて燃やしているので、このくらい大きさのある焚き火台であれば、焚き火が初めての方でも大丈夫かと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。キャンプでよく目にする焚き火台ですが、最近はデザインが凝った焚き火台も多くなりました。

カッコ良さや見た目に惑わされず、キャンプで使いたい目的を知った上で探すと、ずっと使うことのできる焚き火台を見つけられるかと思います。

コメント